優しい母~熊谷まどかホール

こんにちは。セレモニーアシスタントの出井です。
暑い日が続き雨不足も心配される中、花や野菜のために沢山の雨が降って欲しいと願う日々です。(夏野菜が好きだから)

さて、先日熊谷まどかホールにて家族葬を執り行いました。故人様は農家へと嫁ぎ、家事に子育てにと一生懸命だったそうです。
外へ働きに出ては多くの方々と交流を深め、お孫様達には働いていたお店のお菓子をお土産にと買って来てくれていたそうです。
優しいお人柄だった故人様。ご家族の皆様もとても穏やかな方々でした。
祭壇のお花の色は娘様が選んで下さいました。優しい色のピンクの花々に囲まれた故人様のお遺影写真は優しく微笑んでいる様でした。
お父様の時はお隣組様やご親戚、仕事関係など多くの方がご参列されたそうです。その時の気苦労もあり、今回は家族だけでお見送りをしたいとのことでした。
沢山の方々がご参列頂くご葬儀も、家族だけのご葬儀も、大切なのはご家族がしっかりと故人様をお見送りすることです。どんなお式にするのかはもちろんそれぞれ違っていいと思います。
しかし、ゆっくり感謝の気持ちや労いの言葉を伝えられずに終わってしまうのは後悔が残ります。大切な大好な人だったからこそ、最後は「ありがとう」を伝えて欲しいと思います。