自宅にて

こんにちは。セレモニーアシスタントの出井です。
先日、自宅葬を執り行いました。1日葬でしたので前日から準備をさせて頂き花祭壇を飾りました。ご自宅での祭壇は限られたスペースに祭壇を作り、住職用の仏具を置き、残りのスペースでご親族様の席を作ります。準備の日は雨も降っていてジメジメしていたので汗だらだらでした。当日は雨も上がり薄曇りだったので少し涼しい中ご葬儀が出来ました。しかし、ご住職の額には汗がじんわりと出ていました。ご親族様には座布団に座って頂き読経を聞いて頂きました。香炉も回して頂きながら1人1人ご自分の膝元で御焼香をしました。私も開式後ずっと正座をしながら進行しましたが、20分程すると皆様もじもじし始め足を崩す方が多くなりました。私は大丈夫でしたが慣れない方は辛いですよね。おおよそ40分間でした💦閉式後はその場でお花入れをし、火葬場へと出棺致しました。私は初めての火葬場でしたが職員の方も優しく、広くない火葬場だったので私たちの葬家のみでした。建物も昭和を感じさせる懐かしさがあり、私が知らない昭和の葬儀はきっとこんな感じなのかなと思いました。また一つ勉強になりました。自宅葬でしか味わえない、ご遺族が住み慣れた我が家に親戚を招きそこでご葬儀を行う。私の祖父の時の葬儀を薄っすらと思い出させてもらえた瞬間でした。